「のびぃ」の隠れ家

カメラや旅行(マイレージや航空祭)に関するブログです。

Amazon Kindle Paperwhite マンガモデル

電子書籍のKindleです。

 


持っているのは、すでに過去モデルになってしましました…。 

KINDLE

 

毎日の通勤(片道 約1時間)で使っていますが、ガラケー並みに1週間程度ではバッテリーの消耗が気になりません
最初の頃は、バッテリーのアイコンで減っていると思っていましたが、充電すると数十分以内には満充電になります。

新しいソフトウェアだと、バッテリー残量が表示されるのがなにげに便利ですけど、もう少し本体が滑りにくいと最高なんです。

実はマンガをそんなに読むわけではありませんが、価格の差が¥2000と差が少ないので、32GBという大容量にひかれて買いました。

 

 

 

公式サイトによると、マンガモデルには約700冊のマンガが保存可能です。

容量 32GB (使用可能領域約27.5 GB) / 端末本体にマンガは約700冊、書籍は数千冊保存可能 

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B01HP59NUU/

 

マンガモデルは容量が8倍と思いきや、使用可能領域で計算すると約9倍の差があります。

ですので、通常モデルには約78冊のマンガが保存可能です。

容量  4 GB (使用可能領域約3.1 GB) / 端末本体に数千冊保存可能(一般的な書籍の場合) 

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00QJDOM6U/

 

ちなみに1冊あたりマンガの容量は、27.5GB ÷ 700冊 = 約40MB/冊*1

 

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数

AMZN Mobile LLCposted withアプリーチ

 

解説本もあります。

 

 

*1:1GB=1024MBで計算



本ブログ作成にあたり、これらのサイトを参考にしました。